青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

カンボジアの優秀な学生を採用します

2020年09月24日

22日火曜日にカンボジア出身の学生の面接をしました。ネクタイも今までしたことがなく、スーツも持っていないのにも関わらず、お父さんに借りたり、工夫をして、綺麗な服装で面接に望んでくれました。まだ会ったこともない私や役員、そしてアチーブメントという会社を大切に思ってくれているからこそ、綺麗な服装をして、ネクタイを締めてくれたのだと感じました。その真摯な心が素晴らしいと思います。

以前にもITに強みを持つカンボジアにあるキリロム工科大学の学生を面接しましたが、カンボジアの学生は驚くほど優秀です。「なぜアチーブメントで働きたいのか」や「アチーブメントに共感した理由は」という問いに対しての彼らの答えが本質的で、彼らの将来が見えます。

火曜日に面接した子の受け答えを1つ紹介します。
<なぜアチーブメントで働きたいのか>
社員満足は顧客の創造につながり、永続的な社会貢献になる。対象となるお客様満足に対するこだわり。上質の追求を追求するという会社で働きたいと思いました。

アチーブメントが大切にしているコアの部分をしっかりと理解し、共感してくれていることが伝わってきます。その子は家庭内暴力をなくしたいそうです。私もそう思います。夫婦間の争いが子どもの自己概念を下げることに、大きな影響を与えています。学校でのいじめ、残酷です。私が学生の頃、北海道ではアイヌの子がいじめられていました。私は体を張って守ってました。絶対に許せないんです。

アチーブメントが目指すものは明確です。世界最高峰の人材教育コンサルティング会社となり、選択理論とアチーブメントテクノロジーを津々浦々に広め、不満足な人間関係に起因するあらゆる不幸をこの世からなくしていく。ここに共感した優秀な社員たちが、お互いの事を補いあいながら、力を合わせて、限界にチャレンジして、成長してくれています。

元GE社CEOのジャック・ウェルチ氏は「経営者の仕事は、7割が人事である」とおっしゃっていますが、アチーブメントはこれから海外の人材の採用をどんどん推し進め、より社会に貢献していける企業体へと成長させます。次期後継者の育成にも力を入れ、世界を視野に入れた会社を経営する経営技能を持った人間を育てます。


28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。
28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は59冊、41万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP