青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

チャンスを掴むために何を判断基準とすべきか

2021年09月16日

チャンスを掴むために、経営者としてどう物事を判断すべきか。
その答えはシンプルです。

自社は、誰のために、何のために、なぜ存在しているのか。
この答えが企業理念に他なりません。

『上質の追求』
「わが社は選択理論を基にした、高品質の人財教育を通して、顧客の成果の創造に貢献し、全社員の物心両面の幸福の追求と、社会の平和と繁栄に寄与することを目的とします」

これが弊社の企業理念です。

全ての判断軸はこの理念に則っているかどうかです。
実際に新型コロナウイルスの蔓延により、長らくセミナー開催ができない時期がありました。

セミナーをメイン商品としている私たちにとっては大きな打撃です。
この時に私が判断・選択の拠り所にしたのは理念にある「顧客の成果の創造」でした。

人材教育コンサルティングを提供する私たちの役割とは、顧客の問題解決をすることです。
社会情勢が変わり、これまでのやり方では上手くいかなくなったいま、困っているのは私たちだけではない。
いまこそ、達成の技術を伝え、この逆境をみんなで力を合わせて乗り越えていくタイミングだ。
そう社員にメッセージをしました。

そこからさまざまな事業の転換が加速し、お客様への価値提供をオンラインという形で果たす体制が整ったのです。
「売上が下がっているから、どうにかしなければ」という発想ではありません。

「今だからこそ、お客様に提供できる価値とは何か?」「お客様は何を求めているのだろうか?」という視点から生まれたアイデアなのです。

常に理念に立ち返り、理念に沿った判断をすることが大切です。
戦略・戦術・戦法はいくら変えても問題ありません。
しかし理念とは、そう簡単に変わるものではありません。
苦しいときほど、理念に立ち返りましょう。

自社の果たすべき役割を見つめ、縁ある人に価値を提供し、貢献をし続けましょう。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP