青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

世界一といわれている海外セミナーから帰国

2009年04月24日

18日から24日まで、オーストラリアで世界一のセミナーと言われているアンソニー・ロビンスのDWDセミナーに参加し本日帰国した。
NLP神経言語プログラミングを使った非常にエキサイティングなセミナーだった。
私もアチーブメントを設立して丸22年間、日本一の戦略的目標達成研修プログラムを開発し研修のクォリティーを追求してきたが、今回のセミナー参加は個人的な学びの枠を超えて、研修会社の経営という観点でもいろいろな気づきと学びがあった。
まず驚いたのはセミナーの時間の長さである。
朝9時半から夜11時・12時まで休憩をほとんど取らず、延々とセミナーを続けるアンソニーロビンズの創りだすエネルギーの強さには驚いた。
私もかなりエネルギーは高いという自負があったが、このセミナーのエネルギーの高さは如何なるセミナーも比にならないものがあった。
会場は興奮の坩堝と化していた。
日本と英語圏の文化の違いを感じるところも多々あったが、流石にエンターテイメント性や意識変革のレベルから見て、世界のトップといわれているだけのものはあると思った。
会場となったオーストラリアのホテルには約1500名の参加者が集まり、物凄いパワーが発散されていた。
今年は年間2回の開催ということなので、約3000名から4000名の参加者が一年間でこのセミナーを受講するということになる。
弊社の公開セミナーと比較してみたが、対象市場、セミナー時間、セミナー会場の映像、演出、音響、
広告・マーケティング手法の違い、費用対効果、講師のブランディング戦略への投資度合い、セミナー受講後のフォローシステムの有無等、30項目私なりに比較分析してみたが、弊社の研修サービスをさらに向上させるためのアイデアは沢山得られた。
経営者はまず、現場に行ってみる。
これに尽きる。
当たり前だが“現場に全ての答えがある”
こんなセミナーだろうでは想像の域を出ない。
今後、業界ナンバーワンを目指し続け、世界最高峰の研修プログラムを提供する企業体であり続けるためには、まず自らが現場に出ていくこと、ここに全ての改善のヒントや答えがある。
良い刺激になった。
日本からも数十人参加していて、参加者の方の中には弊社の研修サービスを利用してくださっている方も多々いらっしゃった。
やはり向上心のある方はどこにでも出ていかれるということである。
「青木さんがセミナーに参加されるとは思わなかったです」
「何か悩みがあるのですか?」と聞かれたが、悩みは全くない。
シンプルに世界一といわれるセミナーを、自分の目と耳と体で体感し、確認したかったというのが
今回の主な参加目的である。
社員も100名体制になり、上質な研修サービスを提供していく責任が我々にはある、商品のブラッシュアップや、新商品の開発が社長としてのテーマである。
より良い商品を開発していく。
目指すは世界最高峰。真のプロの世界である。
山でいえばエベレストを目指す。
今後、7年間で全社員合わせて250名の登山隊になる。
登山隊の隊長として隊員全員を守り抜き、目的地に到達させる責任が私にはある。
社長業はやりがいのある仕事だ。
今回の参加で私の思考の枠組みはさらに拡張し、新しい現実をつくることになる。
現実とは解釈の世界であって、事実、真実とは違う。
「信念は現実を決定する」
良い時間になった。
向こうで一緒になった、鳥居祐一さんや加藤秀視さんとも上質な交わりが出来て嬉しく思う。
日本では中々まとまった時間を一緒に過ごすことが出来ないが、海外に出ると共に過ごせる時間も沢山取れ、十分な交わりが出来て良かったと思っている。
社長が安心して海外セミナーを受講できるのも社員各位のお陰である。
社員各位に心から感謝したい。
四月に入ってこの二週間は国内、海外と出張続きである。
家族の顔も早く見たい。
世界の何処にいても心の世界には愛する人たちの顔がいつもある。
幸せな人生に感謝である。
090424_02.jpg明日は、弊社が冠スポンサーをしているF3の応援に岡山まで行く予定である。
この健康で活力のある体にも感謝である。
疲れない体を維持しているからこそ、いろいろなことにチャレンジ出来ると
思っている。
この夏に向けて更に体を鍛え直す。
体は全ての基本である。
心身ともに健康であるからこそ成功も幸福も追求できる。
しっかり健康管理をして社長の大役を果たしていきたい。
オーストラリアから戻る機内でこのブログを書いているところだ。
あと一時間で成田に到着である。
充実した毎日に感謝したい。
【F3 スポンサーシップに関するお問い合わせ先】■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
アチーブメント株式会社
担当:松坂 孝紀
本社:〒141-0022 東京都品川区東五反田4-6-6 高輪台グリーンビル7F
TEL:03-3445-0420 FAX:03-6680-0043
E-mail:press@achievement.co.jp

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP