青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

悲しいニュース

2008年01月15日

今朝のニュースに驚いた。
1歳の子どもの頭を柱にぶつけて大怪我をさせ、逮捕された男がいる。
動機は「子どもが自分になつかなく、言うことを聞かなくて腹がたった」ということである。
悲しいというか情けないというか言葉を失う。
1歳の子どもに勝ち目は無い。
K1選手のボブサップ相手には流石にどんなに腹が立っても立ち向かわないのに
1歳の子には勇気が出る。
弱いものいじめは卑怯で悲しいことだ。
この社会には様々な弱者がいる。
先日も障害者を対象とした悪徳マルチ商法の主催者が逮捕された。
この手のニュースには腹が立つ。
私も子どものころから正義感が強かったが、この歳になって社会から虐めや差別を
無くしたいと心の底から思う。
私の故郷は北海道だが、北海道には昔からアイヌがいる。
アイヌの人に対して虐待や迫害をするということは悲しいことだ。
誰も出生は選択できない。
選択できないことで人を苛めたり、蔑むことは決してしてはならないことだ。
肌の色や国籍、性別を含めて、とにかくすべての差別をなくしたい。
「愛が動くときに不可能は可能に」
人間関係の問題は互いに愛し合うことによって解決する。
愛し愛され愛を分かち合う。
地球人類が、互いに愛し合い、赦し合うことによって世界は平和になる。
選択理論的な関わりを世の中に広め、啓蒙し、苛めや差別の無い明るい社会を
築いていきたい。
今朝のようなニュースを聞かなくてもよい社会を創っていこう。
皆で助け合い、愛し合い、赦し合い、励まし合ってより良い社会を創っていこう。
一人ひとりの力は微力でも集まれば大きな力になるものだ。
一人ひとりの心構えが変われば社会が変わる。
私はそう信じて活動をしていく。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP